EN

日本代表選手海外派遣における新型コロナウイルス陽性確認者発生について(第2報)

2021年3月16日

公益社団法人日本フェンシング協会

強化本部

 

日本代表選手海外派遣における新型コロナウイルス陽性確認者発生について(第2報)

 

 

 昨日(3月15日)ご報告致しました様に、3月より、東京オリンピックに向けた国際競技大会が再開し、海外への日本代表選手の派遣も再開されましたが、日本時間3月14日深夜に、ハンガリー・ブダペストで行われているワールド・カップ大会(男女サーブル)において、現地の帰国時検査におきまして3名の選手に陽性反応が確認され、現地での隔離・観察が行われています。

 

 これに加えて、本日(3月16日)、同海外派遣チームの帰国時の羽田空港の検疫において、選手1名とコーチ1名の陽性が確認されたことをご報告致します。この2名につきましては、微熱や頭痛などの症状を示しており、宿泊施設において隔離・観察の措置が取られております。

 

 これをもちまして、今回派遣された男女サーブルチーム総計24名(選手17名(男子9名、女子8名)、コーチ他スタッフ7名)のうち、選手4名、コーチ1名の計5名に陽性が確認されました。

 

 今次、帰国時に国内において陽性が確認された2名につきましても、当協会医学委員会が逐次連絡を取り、選手の安全確保に努めております。選手、スタッフ、ご関係者の皆様にはご心配をお掛け致しますが、最善を尽くし対応を致しますので、ご理解を賜ります様お願いを申し上げます。

以上

 PDF版:日本代表選手海外派遣における新型コロナウイルス陽性確認者発生について②

Gold Partners

Official Suppliers

PR Partners

Partnership Establishment

Partners

協会情報
協会理念
協会概要
役員一覧
委員会一覧
組織と運営
規程類
総会報告
理事会報告
協会からのお知らせ
委員会報告・通達
事業計画
決算内容等
TOKYO2020情報
協会登録・ファン登録
練習場案内
協会登録
ライセンス申請等
寄附金ご協力のお願い
フェンシングレター
日本代表情報
国内ランキング
選手選考等
ベテラン
大会情報
国内大会情報
主な国内大会情報
その他の国内大会情報
過去の国内大会情報
ルールと審判員
ルール
審判員
メディア
掲載/出演情報
取材申請依頼等
DVD・書籍販売
過去の国内競技結果
過去の国際競技結果
関係者の方へ
試合規則一覧
NAVI競技者育成プログラム
ミニム
パスウェイ事業
審判員
指導員