EN

協会理念

新たな時代へ向かうフェンシング

従来のスポーツ界は、五輪で金メダルを獲得することが最上位概念でした。しかし、私たちはこの勝利至上主義からの脱却を目指します。「突け、心を。」のキャッチコピーの元、私たちが策定した新たなビジョンは「フェンシングの先を、感動の先を生む。」です。フェンシングを取り巻くすべての人々に感動体験を提供し、フェンシングと関わることに誇りを持つ選手を輩出し続けていくことを約束します。



ダーウィンの名著『種の起源』には「強い者が生き残ったわけではない。賢い者が生き残ったわけでもない。変化に対応した者が生き残るのだ」 と記されています。そして、いま、我々スポーツ界も、変わらなければ生き残れない時代に突入したと言えるでしょう。この状況下では、今までと同じやり方では到底生き残ることはできません。去年より今年、今年より来年と、常に進化しながら、スポーツ界のロールモデルになれるように取り組んでいきます。それこそがフェンシング協会の使命だと考えるからです。我々は、時代に先駆けて動き続け、時代の核心を突き続け、そして、変わり続けてまいります。



1. 5つの精神から私たちは生まれた。
2. 誠実であれ。正義をもて。愛と共に。
3. 固定観念を壊し、未来を作れ。
4. 努力は報われることを証明しよう。
5. 日本を超え、アジアを超え、世界に貢献する。

ここにあげた5項目は、フェンシングが持つ高い精神性から生み出す価値を表しています。フェンシングを通じて育んだこれらの価値を、日本社会に対して、そして世界に対して発信していきます。



1. Integrity
騎士道に基づく高潔な精神を有し自分を高める
2. Fairness
公平・公正に戦い他者を尊重する
3. Challenge
自ら考え挑戦し立ち向かう
4. Creativity
過去にとらわれない独創的なアイデアを創出する
5. Teamwork
協調性を重んじ仲間と切磋琢磨する

我々は、フェンシングが育む高い精神性を損なわぬよう、「5つの基本精神」を策定しました。中でも「Integrity=騎士道に基づく高潔な精神性を有し自分を高める」「Fairness=公平・公正に戦い他者を尊重する」の2つは、今のスポーツ業界全体の問題を解決しうる精神です。また、他の3つにChallenge、Creativity、Teamworkを掲げたのは、これから変わろうとする日本フェンシング協会の新しい姿を描くために必要な精神です。フェンシングファミリーを構成する一員として、我々は、これらの5つの基本精神に基づいて行動してまいります。

Official Partners

協会情報
協会理念
会長メッセージ
協会概要
組織と運営
規程類
総会報告
理事会報告
協会からのお知らせ
委員会報告・通達
事業計画
決算内容等
協会登録・ファン登録
練習場案内
協会登録
ライセンス申請等
ファン登録
フェンシングレター
日本代表情報
国内ランキング
アジアカデサーキット
選手選考等
ベテラン
大会情報
国内大会情報
過去の国内大会情報
大会結果
主な国内競技結果
主な国際競技結果
メディア
掲載/出演情報
取材申請依頼等
DVD・書籍販売
観戦ガイド
フェンシングの基礎知識
フェンシングの歴史
これから始められる方へ
これから始められる方へ
練習場案内
関係者の方へ
試合規則一覧
NAVI競技者育成プログラム
ミニム
パスウェイ事業
審判員
指導員