EN

サーブルの構えの位置に関するルール変更について

会員各位

サーブルの構えの位置に関するルール変更について(通知)

2017年3月1日

(公社)日本フェンシング協会
ルール.審判委員会

2017年2月17日に開かれたFIEの理事会でサーブルの構えの位置に関するt.17.2について下記のように決定したことをお知らせ致します。

t.17.2
主審は各選手の前足がそれぞれピストのセンターラインから2mの位置(即ち「アンガルド」の線の後ろ)になるよう両選手を配置する

シニア大会 :
新しいルールは直ちにキャンセルして以前(4m)のルールが適用される。

ジュニア大会 :
2016~2017のジュニアのシーズンが終わる2017年4月まで新しいルール(3m)が適用される。
世界ジュニア選手権(4月6日~10日)が終了後このルールはキャンセルされシニア大会と同じになる。

日本国内の適用について(日本フェンシング協会主催大会)

シニア大会 : 2017年3月1日より
ジュニア大会 : 世界ジュニア選手権(2017年4月6~10日)終了後より
注 : 全国高校選抜大会は新ルール(3m)で行われます。

Official Partners

協会情報
協会理念
会長メッセージ
協会概要
組織と運営
規程類
総会報告
理事会報告
協会からのお知らせ
委員会報告・通達
事業計画
決算内容等
協会登録・ファン登録
練習場案内
協会登録
ライセンス申請等
ファン登録
フェンシングレター
日本代表情報
国内ランキング
選手選考等
ベテラン
大会情報
国内大会情報
過去の国内大会情報
アジアカデサーキット
大会結果
主な国内競技結果
主な国際競技結果
メディア
掲載/出演情報
取材申請依頼等
DVD・書籍販売
観戦ガイド
フェンシングの基礎知識
フェンシングの歴史
これから始められる方へ
これから始められる方へ
練習場案内
関係者の方へ
試合規則一覧
NAVI競技者育成プログラム
ミニム
パスウェイ事業
審判員
指導員