EN

[更新]2018世界ベテラン選手権(イタリア・リボルノ市)の日本選手成績について

世界ベテラン選手権(イタリア・リボルノ市)の日本選手成績をお届けします。メダル獲得者は次の通りです。

※2018/10/19 更新

詳細は世界ベテラン選手権のホームページ https://wfv2018.it/results/ をご覧ください。

10月9日個人戦 70代男子フルーレ 1位井手英一(三田FC・2年連続)、3位成田政志(合川FC)
同   60代男子フルーレ 2位梅沢賢一(NEXUS Plum)
同   60代女子エペ、50代女子エペはメダルなし。
10月10日個人戦 70代男子サーブル 3位山田貢(鎌倉F協会)
10月11日チーム戦 男子フルーレ: 3位(井手、成田、梅沢、大馬卓美(青森県F協会)、近藤昌義(DFA)、石井和幹(立教C))
10月12日は個人戦で70代男子エペ、60代男子エペ、チーム戦は女子フルーレ・男子サーブルが行われました。日本選手のメダル獲得はありませんでした。
10月13日(土)は個人戦で50代男子エペ、50代、60代、70代女子サーブルが行われました。60代女子サーブルで竹生淑子(DFA)選手が銅メダルを獲得しました。
10月14日(日)はチーム戦男子エペで日本は9位、同女子サーブルで5位の成績となりました。

6日間を通して日本は個人戦で、金メダル1(70代MF)、銀メダル1(60代MF)、銅メダル3(70代MF、70代MS、60代WS)の計5個、チーム戦で銅メダル1(男子フルーレ)と合計6個のメダルを獲得しました。国別のメダル数獲得は第8位となりました。

【成績一覧】
世界ベテラン選手個人戦:日本選手成績

10月9日

10月10日

10月11日

10月12日

10月13日

10月14日

6日間を通して日本は個人戦で、金メダル1(70代MF)、銀メダル1(60代MF)、銅メダル3(70代MF、70代MS、60代WS)の計5個、チーム戦で銅メダル1(男子フルーレ)と6個のメダルを獲得しました。
国別のメダル獲得数では仏、独、伊、米、英、フィンランド、ロシアに次いで第8位でした。

※個別の成績、出場者名等の確認は次のウェブサイトからご確認いただけます。
詳細は世界ベテラン選手権のホームページ https://wfv2018.it/results/ をご覧ください。

Official Partners

協会情報
協会理念
会長メッセージ
協会概要
組織と運営
規程類
総会報告
理事会報告
協会からのお知らせ
委員会報告・通達
事業計画
決算内容等
協会登録・ファン登録
練習場案内
協会登録
ライセンス申請等
ファン登録
フェンシングレター
日本代表情報
国内ランキング
選手選考等
ベテラン
大会情報
国内大会情報
過去の国内大会情報
アジアカデサーキット
大会結果
主な国内競技結果
主な国際競技結果
メディア
掲載/出演情報
取材申請依頼等
DVD・書籍販売
観戦ガイド
フェンシングの基礎知識
フェンシングの歴史
これから始められる方へ
これから始められる方へ
練習場案内
関係者の方へ
試合規則一覧
NAVI競技者育成プログラム
ミニム
パスウェイ事業
審判員
指導員