EN

太田雄貴選手に殿堂入りを讃えるメダル授与

 太田雄貴選手がフェンシングの殿堂入りを果たしました。この決定は既に昨年発表されていますが、このたびその栄誉を讃えるメダルが授与されました。フェンシングの殿堂は、国際フェンシング協会(FIE)が2013年に設立100周年を記念して創設したもので、優れた実績を収めた選手やフェンシング競技の発展に寄与した人たちに与えられる最大の栄誉です。日本人としては、森寅雄氏に続き2人目となります。

 太田選手は、オリンピックの個人(2008北京)および団体(2012ロンドン)での銀メダル獲得など数々の世界大会で優秀な成績を残し、2015年世界選手権では男子フルーレ個人で金メダルを獲得しました。また、2020年オリンピック・パラリンピック競技大会の東京への招致に貢献する等、フェンシングだけでなく、スポーツ界全体の発展に寄与しました。そして今、2016年リオデジャネイロ・オリンピックでの金メダル獲得を狙い調整中です。

 尚、国際フェンシング協会(FIE)のサイトでも太田選手の偉業を讃えています。是非ご覧ください!
http://fie.org/fencers/hall-of-fame/athletes

 

image1

Official Partners

Official Supplier

PR Partner

Partnership Establishment

協会情報
協会理念
会長メッセージ
協会概要
組織と運営
規程類
総会報告
理事会報告
協会からのお知らせ
委員会報告・通達
事業計画
決算内容等
協会登録・ファン登録
練習場案内
協会登録
ライセンス申請等
寄附金ご協力のお願い
フェンシングレター
日本代表情報
国内ランキング
選手選考等
ベテラン
大会情報
国内大会情報
過去の国内大会情報
アジアカデサーキット
大会結果
主な国内競技結果
主な国際競技結果
メディア
掲載/出演情報
取材申請依頼等
DVD・書籍販売
観戦ガイド
フェンシングの基礎知識
フェンシングの歴史
これから始められる方へ
これから始められる方へ
練習場案内
関係者の方へ
試合規則一覧
NAVI競技者育成プログラム
ミニム
パスウェイ事業
審判員
指導員