EN

H30年度「学校訪問プロジェクト」第六弾

2020年東京オリンピック・パラリンピック大会へ向けて、昨年度千葉県と日本フェンシング協会が共同で開始した学校訪問プロジェクトの第六弾(H30)を2019年1月22日に実施いたしました。

リオオリンピックに出場した、男子サーブル日本代表徳南堅太選手を講師に、MCケチャップさん、古田育男選手(日体大)と小野真英選手(早大)と共に習志野市立第七中学校を訪問いたしました。(※当協会としましては、千葉県内13校目の訪問となります。)

全校生徒420名の中学生の皆さんと一緒に、フェンシングの種目や歴史について学び、現役選手によるエペのデモンストレーションを行いました。今回は、新しい試みとして、2名の生徒に加え、先生にもフェンシングに挑戦していただき、会場は大いに盛り上がりました。

徳南選手からは、たくさんの声援を送ってくれた生徒の皆さんへ感謝の気持ちとともに、「一人一人の応援の声が、選手の背中を押し、戦うための大きな力となります。ぜひこれからも応援宜しくお願いします。」というメッセージをお伝えし、学校訪問は終了しました。

また、学校訪問終了後には、スマートフェンシングとVRフェンシングの体験ブースをご準備いただき、多くの生徒さんに体験いただきました。現役選手との対戦では、皆さんの楽しそうな声が響いていました。

今回のプロジェクト実施にあたり、ご準備、ご協力いただいた関係者の皆様に、心より感謝申し上げます。

 

Official Partners

Official Supplier

PR Partner

Partnership Establishment

協会情報
協会理念
会長メッセージ
協会概要
組織と運営
規程類
総会報告
理事会報告
協会からのお知らせ
委員会報告・通達
事業計画
決算内容等
協会登録・ファン登録
練習場案内
協会登録
ライセンス申請等
寄附金ご協力のお願い
フェンシングレター
日本代表情報
国内ランキング
選手選考等
ベテラン
大会情報
国内大会情報
過去の国内大会情報
アジアカデサーキット
大会結果
主な国内競技結果
主な国際競技結果
メディア
掲載/出演情報
取材申請依頼等
DVD・書籍販売
観戦ガイド
フェンシングの基礎知識
フェンシングの歴史
これから始められる方へ
これから始められる方へ
練習場案内
関係者の方へ
試合規則一覧
NAVI競技者育成プログラム
ミニム
パスウェイ事業
審判員
指導員