フェンシングについて

ルールと審判

 試合規則一覧

個人戦

◇予選ラウンドの「プール戦」(6~7名の総当たり)では、実働3分、5ポイント先取で勝敗を決めます。

◆プール戦の勝率(同率の場合は得失点差)によってトーナメント進出者とシード順が決まります。

◇敗者復活のないトーナメント「エリミナシオン・ディレクト(ED)」では、実働9分、15ポイント先取で勝敗を決めます。フルーレとエペは実働3分×3ピリオド、各ピリオド間に1分の休憩が入ります。サーブルはどちらかが8ポイント取ったところで1分の休憩に入ります。

◇時間切れの場合は、その時点で得点の多い選手の勝ちとなります。同点で時間切れになった場合は、予め優先順位をトスで決めたうえで、実働1分、1ポイント先取の延長戦を行います。得点のないまま延長の1分が終わった場合、優先順位を持つ選手の勝ちとなります。

◆エリミナシオン・ディレクトは決勝戦まで続きます。大会によっては3位決定戦が行われることもあります。

FIE規則による公式大会以外では、プール戦の人数を減らしたり、トーナメントを10ポイント先取にしたり、といった独自のルールを採用している大会もあります。)

審判

審判ジェスチャーと号令


  • こころに剣士を
  • facebook
  • フェンシングファンサイト
  • 毎日アスリート・パートナーズ
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会

Sponsors

  • NEXUS株式会社
  • 三洋紙業株式会社
  • やまや
  • 株式会社 越智運送
  • DESCENTE
  • 日本航空
  • 協和発酵バイオ
  • JAL ネクストアスリートマイル
  • ヤワタホーム
  • ASICS
  • ランドマーク新潟
  • NPI総研
  • ダイコク電機
  • ウィダー
  • Trend Micro トレンドマイクロ
  • Leon Paul
  • 群馬トヨタ

Links

  • JOCオリンピック選手強化寄付プログラム
  • 千葉県
  • 千葉県 facebook
  • BIG toto
  • JADA
  • Global DRO/スポーツファーマシスト
  • JISS
  • NHKニュース&スポーツ

Adobe Reader

  • Get Adobe Reader